exhibition

ART FAIR/EVENT

細井世思子 洋画展 —星巡りの旅—@日本橋三越本店

細井世思子「君の星」

細井世思子「君の星」

この度、日本橋三越では細井世思子洋画展を開催いたします。羊や象、カエルなどの動物たちが季節を巡りながら旅をしている空想的な世界を愛らしく描いた意欲作、約20点を展観いたします。ぜひご高覧くださいますようお願い申しあげます。

細井世思子 洋画展 —星巡りの旅—
2017年9月13日(水)~19日(火)最終日は午後5時閉場
日本橋三越本店 本館6階 美術サロン

山村龍太郎毅望展 -涅槃と呼ばれる山々- @アートフェア東京

根子岳 P60 和紙、墨

根子岳 P60 和紙、墨

四季彩舎はアートフェア東京2017に参加します。
山村龍太郎毅望の作品は群生する植物をどこまでも細かく、徹底して精緻に描いています。花や葉、それに群がる蟲が蠢きひとつの塊となり、画面に強烈な存在感と立体感を放ちながら浮遊しています。今展では、作家の地元でもある阿蘇の山々を中心に展覧いたします。

AFT2017

山村龍太郎毅望展 -涅槃と呼ばれる山々-
四季彩舎ブース S-01-01

会場

東京国際フォーラム ホールE & ロビーギャラリー

東京都千代田区丸の内3-5-1

Google Map

チケット

1DAYパスポート

前売券 2,300円/当日券 2,800円(税込)

金丸悠児洋画展@日本橋三越本店

「カサナルイノチ -ゾウ-」S12号 ミクストメディア

「カサナルイノチ -ゾウ-」S12号 ミクストメディア

このたび日本橋三越本店では、金丸悠児 洋画展を開催いたします。
ライフワークとして取り組んでいる動物シリーズを中心に展覧いたします。
重層的に現れる記憶の中の動物たちが、物理法則を無視して縦横無尽に画面の中を行き来する姿。
この機会にぜひご高覧ください。

金丸悠児洋画展
会場 日本橋三越本店 本館6階 美術サロン
会期 2017年1月11日(水)~17日(火) 最終日は午後6時閉場

安岡亜蘭展@日本橋三越本店

nekokeshi M3


安岡氏は1978年神奈川に生まれ、東京藝術大学卒業。動物や花を「和」の雰囲気でデフォルメし、可愛らしく明るい色で描いた作品を発表しています。今個展では、招き猫や金魚などの日本的で涼しげなモチーフを中心に新作20余点を展覧いたします。この機会に是非ともご高覧ください。
2016年8月17日(水)ー22日(月)

日本橋三越本店 本館6階 美術サロン

金丸悠児展 -Summon Animals- @アートフェア東京

地球の景色 -ウミガメ-

地球の景色 -ウミガメ-

四季彩舎はアートフェア東京2016に参加します。

ぬくもりのあるマチエールと独特な作風で活躍している金丸悠児。
古代魚や亀など、時を司る動物などを描いた「アニマルシリーズ」に始まり、色彩豊かでノスタルジーを喚起する「アーバンシリーズ」、直感的で感性を刺激する「コラージュシリーズ」、絵から飛び出したような味わいのある「立体シリーズ」の作品を発表してきました。
前回のアートフェア東京(2011)にて初発表となった立体シリーズに続き、今回は今まで描いてきた、「居る動物」から「現れる動物」と進化した作品を紹介します。
金丸悠児の新たな挑戦をお楽しみ下さい。

 

AFT2016_LOGO

金丸悠児展 -Summon Animals-
四季彩舎ブース N-88
プレビュー・特別先行入場招待者のみ
5月11日(水)16:00~21:00
5月12日(木)11:00~14:00
5月13日(金)11:00~12:00
一般公開
5月12日(木)14:00~21:00
5月13日(金)12:00~21:00
5月14日(土)10:30~17:00

会場:東京都 有楽町 東京国際フォーラム 地下2階 ホールE

aft_map

料金:
1-DAYパスポート2,500 円(一般会期中の1日に限り自由に入退場が可能)
3-DAYパスポート4,500 円(一般会期中自由に入退場が可能)
※小学生以下無料(ただし大人同伴)
※前売は各500円引き

ジ・アートフェアズ:+プリュスーウルトラに参加します

自然の風景を、植木鉢の中に切り取って作り出す盆栽。
近年は海外でも注目を集めています。
今回は「花鳥風月」と題し、斉藤望・山村龍太郎毅望に加え、盆栽家の山田香織を紹介します。 斉藤と山村は2010年のプリュス-トウキョウ・コンテンポラリーアートフェアにて紹介しました。
斉藤の作品は、金箔の上にテンペラ・アクリルを用いて写実的な植物を描いています。金箔の上で妖艶な美を演出した画面からは独特の陰影、オリエンタルな世界観を感じさせます。
山村の作品は群生する色彩の植物をどこまでも細かく、徹底して精緻に描きます。花や葉、それに群がる蟲が蠢きひとつの塊となり一つの画面に強烈な存在感と立体感を放ちながら浮遊しています。
山田は江戸時代から続く名門の盆栽園、清香園の五代目。 手軽に始められる新たなスタイルを確立し、女性の間で人気を集めています。 また、NHK教育テレビ「趣味の園芸」の前キャスターとして活躍しメディアにも多数取り上げられています。
今回は二人の描くそれぞれの植物と盆栽という伝統的な植物を一緒に展示し、植物というカテゴリーは同じでも相反する作品を紹介します。

Oct. side 2013/10/26 (Sat.) – 29 (Tue.) 11:00 – 20:00
WALL-No.28
Director 石井 信
入場料:無料
会場:Spiral Garden (Spiral 1F)(港区南青山5-6-23)
主催・企画制作 システム:ウルトラ (株式会社ワコールアートセンター/株式会社レントゲンヴェルケ)

ジ・アートフェアズ:+プリュスーウルトラ

昨年に引き続き今年もエマージング・ディレクターズ・アートフェア「ウルトラ005」に参加します。
(Director-石井信)

「ウルトラ」は40歳以下のディレクターを単位とし、壁面を基本とした展示で、スパイラルガーデン(スパイラル1F)にて、2期にわたり、合計60名が参加します。
「エマージング・ディレクターズ・アートフェア:ウルトラ」と、昨年まで東京美術倶楽部にて開催されておりました「+プリュス:ジ・アートフェア」を継承、連結し、「ジ・アートフェアズ:+プリュスーウルトラ」として2つのアートフェアを同一の会場であるスパイラルで開催するものです。

今回は「モノ」を基本的なコンセプトとして大竹美佳、亀井清明、細井世思子、山村龍太郎毅望の4作家を選定しています。 「モノ」とはモノクロ。 白と黒のみで展示表現します。 また、物質としてのモノという意味合いを持たせ、立体作品も紹介しますが、こちらもモノクロの作品で展示します。 黒と白だけで統一された展示壁面、作品という物のモノから本質を読み取って貰えれば幸いです。

ジ・アートフェアズ:+プリュスーウルトラ
Oct. side 2012/10/27 (Sat.) – 30 (Tue.)
WALL-No.27 Director 石井 信

Opening Reception : 2012/10/27 (Sat.)
11:00 – 20:00
スパイラルガーデン(スパイラル1F)
入場料:無料
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23

20121028-132001.jpg

ART OSAKA 2012に出展します

四季彩舎はART OSAKA 2012に出展します。
昨年、アートフェア東京で初挑戦した金丸悠児の立体作品に四季彩舎でも一押しの作家、細井世思子の作品を紹介します。
(ROOM NO.6106@四季彩舎)


金丸悠児「赤い丘の街 -カメ-」
サイズ:H90×W115×D210mm
材料:木紛粘土、石粉粘土、アクリル絵具

ART OSAKA 2012

開催日時 2012年7月6日(金) – 8日(日)
プレビュー 2012年7月6日(金) 14:00 – 19:00 (プレス・招待者のみ)
一般公開 2012年7月7日(土) 11:00 – 18:00
2012年7月8日(日) 11:00 – 19:00
※ご入場はフェア終了の1時間前迄。
ナイトビューイング 2012年7月7日(土) 19:00 – 21:00 (招待者無料 一般入場者有料 )
※招待券をお持ちのお客様を対象に、土曜日の夜にもゆったりとご覧頂ける時間帯をご用意しています。
一般のお客様は¥2000.- (ウェルカムドリンク付)にてご入場頂けます。
フェア会場 ホテルグランヴィア大阪 26階 (ワンフロア貸切り)
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田3-1-1
T. 06-6344-1235(代表) U. www.granvia-osaka.jp/
出展ブース数 51ギャラリー
入場料 ¥1,500.- / 1 day pass
※チケットはホテル26階、フェア受付にてお買い求め下さい。
主催 ART OSAKA 実行委員会
特別協力 ホテルグランヴィア大阪
後援 朝日新聞社/(公財)関西・大阪21世紀協会/大阪韓国文化院
後援助成 (公財)交流協会
協賛 EuroCave
イベント協力 中之島デザインミュージアム de sign de>/E-ma/FLAG/JR大阪三越伊勢丹
大阪ステーションシティ/パズルプロジェクト実行委員会/関西アートカレンダー
メディア協力 FLAG/artinasia.com/Artfacts.Net/the FAIRGOER.com/(株)ヂーゼル
公式URL www.artosaka.jp

アートフェア東京に参加します

四季彩舎はアートフェア東京2011に参加します。

四季彩舎では金丸悠児を紹介。

金丸は、これまでライフワークとして古代魚や亀といった時を司る動物を数多く描いており、独自のマチエルを用いたユーモラスな画風に定評があります。
本展では「神の居住区」と題し、時空を彷徨い旅する古代魚を描いた、約300号の超大作を紹介。
また、本邦初公開となる動物の立体作品をおよそ10点を展示します。
作家が初めて描く超大作と、初めて取り組む立体作品の2本軸が並ぶ、自身の限界に挑戦する意欲的な展開となるでしょう。

アートフェア東京2011 (ART FAIR TOKYO 2011)

四季彩舎ブース
東京国際フォーラム 地下2階 展示ホール ブースNo.E-11

開催日程
2011年7月29日(金) 11:00 – 21:00
2011年7月30日(土) 11:00 – 20:00
2011年7月31日(日) 10:30 – 17:00
※全日ご入場は終了30分前まで

ファーストチョイス(特別内覧会)
7月28日(木) 16:00-18:00
※ご招待者様、プレスのみのご入場になります

オープニングプレビュー
7月28日(木)18:00-21:00
※ご招待者様、プレスのみのご入場になります

会場
第一会場: 東京国際フォーラム 地下2階 展示ホール1
第二会場「PROJECTS」: 同会場ロビーギャラリー1、2
(東京都千代田区丸の内3-5-1)

アクセス
JR線有楽町駅より徒歩1分、東京駅より徒歩5分 (京葉線東京駅とB1F地下コンコースにて連絡)
地下鉄有楽町線有楽町駅とB1F地下コンコースにて連絡、日比谷線・丸ノ内線・銀座線銀座駅より徒歩5分

主催・運営
アートフェア東京実行委員会/株式会社アートフェア東京

後援
外務省、経済産業省、日本赤十字社、ドイツ連邦共和国大使館、ブリティッシュ・カウンシル、デンマーク大使館、在日フランス大使館、駐日アイルランド大使館、駐日大韓民国大使館 韓国文化院、オランダ王国大使館、在日ロシア連邦大使館、アメリカ合衆国大使館

入場料
1DAY パスポート 1,500円(税込) 小学生以下無料(但し大人同伴)
※1DAY パスポートで、期間中の1日に限り自由に入退場が出来ます。

+PLUS Tokyo Contemporary Art Fair@東京美術倶楽部

TCAF
四季彩舎はプリュス-トウキョウ・コンテンポラリーアートフェアに参加します。
今展では斉藤望山村龍太郎毅望の2人を展覧いたします。
(さらに…)