検索

瀬戸優ペン画集が刊行します

この度、日貿出版社よりPROGRESS 瀬戸優 ペン画集を刊行します。



Drawing series of nichibou

PROGRESS 瀬戸優 ペン画集 Collection of drawings by Yu Seto


瀬戸優 著

日貿出版社 刊

出版日 2021/5/6 ページ数 143

定価 2,970円(税別2,700円) B5変形判


限定100部

直筆サイン、エディション付き/付録 限定カタログ(B6カラー8頁)

定価 3,300円(税別3,000円)

内容紹介

大学在学中から作家活動を開始して「彫刻表現における自然科学との融合性」をテーマとし「テラコッタによる実物大の動物彫刻」 を制作している彫刻家 瀬戸優。

立体を作るために欠かせない、彫刻にとって縁の下の力持ちであるドローイングに焦点を当た待望の初著書。 生きた形を探るドローイングやクロッキー合わせて120点以上と見応えも十分。


著者について

彫刻家。1994年神奈川県小田原市生まれ。

東京藝術大学美術学部彫刻科卒業、東京藝術大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻修了。

2018年、20年の四季彩舎(東京)での個展をはじめ、グループ展、アートフェアなど出展多数。

東京を拠点として活動。自然科学を考察し「彫刻表現における自然科学との融合性」を テーマとし、野生動物をモチーフとしたテラコッタ(素焼きの土器)による実物大の彫刻作品を制作している。

彫刻の素材であるテラコッタには作家の触覚や軌跡がダイレクトに表面にあらわれ、躍動感のある作品となっている。


出版社からのコメント

作家生活を始めて7年目に突入した瀬戸。


年間通して精力的に活動する姿勢や 新しい試みにはいつも驚かされる。

彫刻はもちろんドローイングやペン画に焦点を当て 瀬戸の今までとこれからについて伺う。