検索

SOTOBOU ASOBOU 山東大記 | 高木みさお


この度、四季彩舎では山東大記 と高木みさおによる二人点を開催いたします。

「SOTOBOU ASOBOU」と題した今展では二人の生活している場所でもある外房、その遊びカルチャーであるサーフボード、スケートボードにペインティングした作品を展覧します。




山東大記 Daiki Santo


1981年 千葉県大原町(現いすみ市大原)生まれ

実家は代々伊勢海老漁を家業とする漁師の家。

独学で絵を学び、2018年単身チェコへ渡る。

家業の伊勢海老漁を続けながら画業に取り組み、

大自然の恩恵を受けながら精力的に活動を行っている。


2016 東京ドイツ村壁画製作

2018 海の直売所アルファ個展

2018 いすみ市田園の美術館2人展

2019 チェコセンター東京2人展

2019 ギャラリーハルジ2人展

2019 いすみ市donner個展

2020 京橋四季彩舎個展

2020 銀座gallery-pied-nu個展





髙木みさお Misao Takagi


大阪府堺市生まれ

2000年にサーフィンを知り

海の近くを転々と移住。


千葉県に移った時

サーフスケートのカルチャーに出会う。

ラインを描くようなサーフスタイル、波に乗るようにスケートボードに乗る人たちに

影響を受け、ラインを特徴とした絵を描くようになった。


現在は主婦をやりながら

フリーランスで店舗の看板、ロゴデザイン、壁画製作などの活動を行う。












SOTOBOU ASOBOU

山東大記 | 高木みさお

2021年3月25日(木)~4月3日(土)

12:00~18:30  日曜休み